サステナビリティ

生産と品質

徹底した衛生・品質管理と
環境に配慮した製造プロセスで、
サステナブルなものづくりを目指し続けます。
「お客さまに安心してお使いいただくこと」かつ
「環境に対して負荷の小さい製造プロセスであること」を高い次元で両立するために。

製造時に守らなければならない基準 (GMP=Good Manufacturing Practice)を設定した工場へ生産を委託しています。
委託先の工場内では衛生管理区分のレベル別に管理内容を変え、 生産エリアに入る場合には厳密なルールに則って衛生管理を保ち、 持ち込める物品についても細かいルールを定め厳しく制限しています。

生産委託工場においてはISO14001(環境マネジメントシステム)も認証取得。
CO2(二酸化炭素)・廃棄物・水の使用量を削減することと、 環境にやさしい技術の開発を主軸に、環境活動を推進しています。

具体的な例としては、「コージェネレーションシステム」の導入や 再生可能エネルギー(アクアプレミアム)の採用により、 CO2(二酸化炭素)削減に貢献しています。
さらに、工場内での廃棄物の分別を徹底し、再資源化をすることで、 「ゼロエミッション」を達成しています。

容器の環境対応

循環型社会に貢献し、
環境負荷を少しでも小さくし続けるために。
製品の容器は、地球環境を守るという観点において、 進化し続けなければならない重要な要素です。

私たちは、来たる循環型社会の実現に向けて、 容器におけるリサイクル・リユース・リデュースの取り組みを行なっています。

例えば、TSUBAKIでは、つめかえ用パッケージの最内層部分に 植物由来のバイオプラスチックを使用。
スーパーマイルドでも、サトウキビ由来のポリエチレン容器を採用しています。
シーブリーズでは、飲料容器から再生された メカニカルリサイクルによる再生ペット樹脂を使用するなど、 容器におけるプラスチック使用量やCO2排出量の削減に努めています。